みなさんは雅楽と聞くと、どんな印象があるでしょうか?

実際のところ、日本の音楽であるにも関わらず、

雅楽は、国の儀式用や、神前の結婚式など、ごく一部でしか聞くことがありません。

実はこの雅楽は、現在、朝鮮半島、台湾、中国などで人気を博しています。

 

雅楽は、シルクロードより日本に伝わって花が開き、10世紀に、円熟期を迎えます。

それが今度は、先祖帰りの様に逆の道を歩んでいるのです・

 

日本の雅楽の伝統継承者が、各国に招かれ、指導や模範演技して

それぞれの国で、雅楽がリメイクされています。

 

中国ではオペラや宝塚歌劇団の様にオーケストラで踊る夢の様な雅楽の流派があるそうです。

戦争や共産主義などにより、失われた文化の復活に夢が広がっています。

此れも、文化交流の大切な役目が果たされています。

 

また、創業何百年のお店が多くのこる日本は、

文化の伝統継承と云う事でも、国際的に稀なる国なんですね。

 

10世紀に最高潮を迎えた雅楽は、

稀なる日本文化の中でも、各国に希望を与えている代表選手なんです。