インドでのお米事情|ライスロード

稲作は水田ですが、インドでも日本と同じ様に稲を植えます。

640px-Naathu_Naduthal

(引用:wikipedia

ご存知のように、インドで栽培されているお米は主に、細長い品種のインディカ種と呼ばれるお米です。インディカ種は粘り気が少なく、匂いが強いため、チャーハンのように何かの具材と混ぜて調理して食べるのが一般的のようです。

日本のレストランではカレーライスだと、サフランライスにして味付けをされて提供されていますが、インドでは白米として食べるのが一般的。

640px-Brun_ris

調理方法は、日本で普通に食べられているジャポニカ種のように「炊いて」食べるのではなく、パスタのようにお湯でゆがき、水から上げて食べます。しかし、最近では日本の炊飯器がはやって炊いて食べるスタイルも定着しつつあるようです。

インドの主食としては小麦の文化もありナンが有名ですが、これはインドの地域によって違うようです。小麦の食文化は南インドで、北インドはお米にカレーだそうです。