上野の国立西洋美術館にて
『北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃』が今月開催されます。

会期:2017年10月21日(土)~2018年1月28日(日)
開館時間:午前9時30分~午後5時30分
毎週金・土曜日:午前9時30分~午後8時
(11月18日は午後5時30分まで)
上野 国立西洋美術館

19世紀後期西洋でのジャポニズムの火付け役となった北斎。そんな北斎の作品は多くの西洋画家に影響を与えました。
『北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃』展では北斎の作品と、西洋画の巨匠の作品を比べながら観覧できるそうです。

北斎に関する展覧会は現在日本中で多く開催されています。

墨田区の北斎美術館をはじめ、

『北斎漫画の世界』
9/2 – 11/27 長野県 小布施町北斎館

『百花繚乱 浮世絵十人絵師展』
9/30 – 11/26 滋賀県 守山市佐川美術館

『大英博物館 国際共同プロジェクト 北斎-富士を超えて-』
10/6 – 11/19 大阪府 大阪市阿倍野区あべのハルカス美術館

『原安三郎コレクション 広重ビビッド』
9/16 – 10/29 福岡県 北九州市北九州市立美術館 分館

『馬の博物館開館40周年記念所蔵名品展馬の美術150選 ―山口晃「厩圖2016」完成披露―』
9/9 – 10/29神奈川県 横浜市馬の博物館

『葛飾北斎 冨嶽三十六景 奇想のカラクリ』
9/30 – 10/29 東京都 渋谷区太田記念美術館

『大ダルマ制作200年記念 パフォーマー☆北斎 ~江戸と名古屋を駆ける~』
9/9 – 10/22 東京都 墨田区すみだ北斎美術館

『プリティープリント江戸の花鳥版画展』
9/16 – 10/22 山口県 萩市山口県立萩美術館・浦上記念館

『街道を旅する人々-北斎・広重を中心に-』
8/19 – 10/15 静岡県 浜松市平野美術館

同時期にこんなにたくさんの美術館で北斎の作品が見られるのです!!
正直ここまで多いとは思っていませんでした。
北斎の作品の多さもさることながら、北斎の作品に日本中の人々が触れられる環境にあることが素晴らしいと思いました。
ぜひお近くの美術館で北斎の作品に触れてください!
北斎~画狂老人卍の聲~をより豊かに見ていただけると思います。

北斎~画狂老人卍の聲~ お申込みはこちらから